プリザーブドフラワーの寿命について

プリザーブドフラワーの寿命について

プリザーブドフラワーの寿命は、地域によって異なります。
もともと長く保たせるための加工法ではありますが、日本では1~2年なのに対して、フランスでは10年くらい保ちます。
なぜこれほど差が出るのかというと、プリザーブドフラワーの寿命は環境に大きく影響されるからです。
直射日光の当たる場所に置いておくと短命になりますし、湿気のある場所に置いておくと虫が湧くこともあります。
また、低温で乾燥した場所だと、花がひび割れてしまうおそれもあります。
日本は上記のような場所が多いので、どうしても短命になってしまうというわけです。
では、できるだけ長く保たせるためにはどうすればいいかというと、以下のような方法があります。
「高温」「低温」「多湿」「乾燥」は避けましょう。
温度は18~22度、湿度は30~50%が最適です。
また、日光はもちろん、照明も色褪せの原因となるので、窓だけでなく、照明からも距離をとった位置に置いたほうがよいでしょう。

造花とは違うプリザーブドフラワーの魅力

いつまでも花の美しさを楽しめるとして人気なのが造花です。
造り物ですのでアレンジ方法の幅が広いですし、様々な場所に飾って楽しむことができます。
ですから造花も魅力的な存在ですが、しかしながらいくら本物のように見えるといってもやはり生花の美しさにはかないません。
だからといって生花ですとすぐに枯れてしまいますので、楽しめる時間は限られています。
生花本来の美しさを楽しめ、さらには永く愛でたいという時にはプリザーブドフラワーがピッタリと言えるでしょう。
プリザーブドフラワーは本物に特殊な加工をしている花ですので生花そのものの美しさがあります。
ですから自然な色合いがありますし、感触についても本物の花なのです。
そして数年間もその美しい状態をキープしてくれるという特徴もあり、永く生花の美しさを楽しめます。
このような特徴を持っているプリザーブドフラワーは贈り物としても人気であり、結婚式や記念日などの際には利用してみると良いでしょう。

コンテンツ
新着情報

◎2017/10/18

長持ちさせる保管方法
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

人気の理由とは?
の情報を更新しました。

◎2017/1/16

初心者必見!
の情報を更新しました。

「プリザーブドフラワー 記念」
に関連するツイート
Twitter